わたしたちが普段何気なく食べている食べ物でも、正しい選び方をすれば肌荒れを改善して美肌ケアにつながりますし、間違った選び方をすると肌荒れがますます悪化してしまうことにもつながります。肌荒れにもいろいろな原因がありますから、自分の肌荒れを改善するための食べ物を選ぶ際にも、自分の肌荒れの原因を突き止めて、それを改善できるような食べ物を選ぶようにしましょう。

 

まず、肌の乾燥が原因で肌荒れが起きている場合。冬に多い乾燥肌が肌トラブルを引き起こしている場合も少なくありません。この場合には、肌の乾燥を予防して保湿ケアができる食べ物を積極的に食べるようにしましょう。たとえば、肌のターンオーバーを促進するビタミンBがたっぷり含まれている食品などは特におすすめです。緑黄色野菜などを温野菜サラダなどにして食べれば、体も温まり血行促進効果も期待できそうですね。かぼちゃ、トウモロコシ、にんにくなどはビタミンBが豊富な食べ物ですが、緑黄色野菜以外にも、肉の赤みや魚、バナナなどにもビタミンBがたっぷりと含まれています。肌の新陳代謝を促進してくれる働きがあるビタミンBは、肌の抵抗力をアップする効果もあるので、肌荒れで悩んでいる人なら積極的に摂取するようにしましょう。

 

ビタミンCは高い抗酸化作用があります。美白効果や保水効果などもあるのでスキンケアやサプリメントとして摂取している人も多い成分ですが、ビタミンCが豊富なのは、緑黄色野菜やフルーツなので、こうした食品を積極的に食べれば肌細胞をみずみずしくすることができます。ビタミンCはコラーゲンの生成を促進する働きもあるので肌の弾力もアップしますし、ニキビ跡改善にも効果的と言われています。

 

そのほかにも、ビタミンA、ビタミンEなども肌荒れを治す効果があります。これらの成分を豊富に含んでいるのは、やはり緑黄色野菜、豆類、魚など、さっぱりした食品が多いようです。普段の食生活の中でこうした栄養素をバランスよく摂取するためには、あっさりした和食系の食生活を心がけるとよいみたいですよ。