肌が荒れると、皮膚のバリア機能が低下して敏感肌になったり、かゆくなったり、また、肌が赤く炎症を起こして美観を損ねたり、いろいろな症状が現れます。症状にはいくつもの種類がありますが、そのすべてに共通するのは、やはり「不快感」ではないでしょうか。

 

肌荒れの不快感を解消するためには、肌が荒れている原因を突き止め、原因ごと取り除く努力とケアが必要になります。特に、肌の乾燥が原因で肌荒れを起こしている場合などには、かゆくなってしまうことも多いので、日常生活に支障をきたすこともあります。そのためにも、不快感はスピーディに取り除きたいですね。

 

・肌の乾燥が原因で肌荒れが起きている場合
冬に多いこのタイプの肌荒れは、とにかく保湿に重点を置いたスキンケアをすることが必要です。夏と同じ化粧品では肌の保湿が十分ではありませんから、高保湿タイプの冬用スキンケアを使うようにするとよいでしょう。顔だけでなく、ボディも乾燥しやすくなりますから、入浴後には乾燥していなくても保湿ローションや保湿クリームなどを使って、乾燥する前に予防策を取るのが理想的です。

 

・体内に肌荒れの原因がある場合
体内環境を改善することで、肌荒れの不快感を抑えることもできます。たとえば便秘がちな人なら、食物繊維や水分をたっぷり摂取しながら便秘解消をすることによって、体内の毒素もデトックスされて肌荒れを解消することにつながります。偏った食生活や睡眠不足、ストレスなどは、皮脂分泌を過剰にしたり、肌を乾燥させたりして肌荒れにもつながります。こうした生活習慣や食生活を改善することも、肌荒れによる不快感の防止や改善につながるのでお勧めです。

 

肌荒れの不快感を抑えるためには、体の内側からも外がらからもケアしてあげることが大切。肌を乾燥させたり毒素を体内にため込まないように、とにかく水分をたっぷり補給する習慣をつけるのもおすすめです。肌荒れがひどい場合には、我慢せずに皮膚科を受診して医師の処方箋を使うのも、スピーディに不快感を解消することができますよ。