肌荒れと言ってもいろいろな症状があります。ニキビのようなぶつぶつができてしまったり、白く粉を拭いたり、赤くなったりヒリヒリするなど、どのようなトラブルが出るかは個人差がありますが、その原因は全て、肌のバリア機能が低下してしまうことによる症状です。そのため、肌荒れを解消するためにはバリア機能を改善してあげることが最善策となり、そのためには肌を徹底的に保湿してあげるスキンケアが有効です。

 

毎日のスキンケアでは、どのような保湿をしているでしょうか?多くの人は、化粧水で保湿をし、その後に美容液や乳液などで肌に蓋をしてあげるということが多いものです。もちろん、こうした基礎的なスキンケアでも少しずつ肌質を改善することはできます。しかし、もっと短期間で集中的に保湿をするなら、パックを使う方法がおススメです。市販のシートパックを使っても良いですし、ティッシュやコットンなどに精製水をヒタヒタにし、そこに化粧水を少したらしてパックしてあげるのも良いでしょう。

 

肌荒れが原因のニキビは、肌が乾燥していることによってバリア機能が低下し、それがニキビを創り出しています。そのため、パックをして肌を中秋的に保湿してもニキビにマイナスの影響が出る心配はありません。パックをして肌がシットリすると、なんとなくニキビがグジュグジュして悪化してしまうような気がするかもしれませんが、もしもニキビが悪化するような場合には、パックに含まれている成分の何かがニキビにとっては刺激になっていることが考えられるので、できるだけ低刺激タイプの成分のみが入ったパックを使うようにしましょう。手作りのパックなら、普段使っている化粧水を使うので、ニキビが悪化してしまう心配はありませんね。

 

肌荒れのニキビを改善する方法は、パック以外にもあります。それは、ニキビケア用のスキンケアを使ってみるという方法です。肌荒れが起こる肌質というのは敏感肌であることが多いので、スキンケアでは乾燥肌用とか敏感肌用のものを選ぶことがオススメですが、ニキビができる肌質はニキビ用のスキンケアを行うことによってアクネ菌を撃退することができます。ニキビ用のスキンケアでもさっぱりタイプやシットリタイプがあるので、使用感で決めるのも良いでしょう。