手の肌荒れがひどい時には、手袋を使ったケアが有効です。手はいつも空気に触れているので乾燥しやすい場所ですし、女性なら食器洗いをしたり、汚れたら手洗いをする習慣があるので肌表面の皮脂を取り過ぎてしまいやすい部位でもあります。手の皮膚が乾燥すると、カサカサして小じわができてしまったり、ひどくなるとあかぎれのような症状が出て痛くなってしまいます。しかし、そうした症状が出ても家事をやめたり手洗いをしないわけにはいきませんから、なかなか肌荒れを改善しにくい部位でもあるのです。

 

そんな手の肌荒れをあっという間に改善してくれるのが、手袋です。手袋と言ってもウールなどの素材ではなく、コットン素材のものを選ぶのがポイントで、これを寝る時にはめて寝ることで、朝起きた時にはあかぎれがすっかり治ってツルツルの美肌へと変身することができます。ポイントはとても簡単で、寝る前にハンドクリームをたっぷり手に塗り、その上から手袋をつけて寝るだけです。手袋をすることによって毛穴から分泌された汗や水分が肌表面の保湿に役立ってくれるので、肌の乾燥をふせいでシットリ保湿してくれます。

 

また、手の肌荒れがひどい場合には、食器洗いをする時にも工夫したいものです。素手で食器洗いをすると、食器洗いの洗剤によって肌の皮脂が取れてしまい、肌荒れが悪化してしまいます。何よりも、あかぎれなどのトラブルが起きている時に素手で食器洗いをするのはキツイですよね。そこでおすすめなのが、ゴム手を使った食器洗いです。食器洗いをする前にハンドクリームを両手にたっぷり塗り、その上からゴム手をはめて食器を洗えば、高温のお湯で洗っても手は熱くなりませんし、お湯の暖かさによって手がハンドクリームでパックされているような感じになり、食器洗いを終えた後はモチモチの素肌に変身してくれるはずです。手の肌荒れはツラいですから、いろいろな手袋を活用しながら効率的に短期間でさっと解消したいですね。