花粉症はアレルギー性の疾患ですが、花粉症が原因で肌荒れなどの肌トラブルを起こすことも少なくありません。花粉が飛ぶ季節には、紫外線も少しずつ強くなっているため、其れまで紫外線によるダメージが少なかった皮膚にとっては、紫外線によるダメージで肌のバリア機能が低下している状態になってしまいます。そこに花粉というアレルギー性の外部刺激を受けることによって、ただでさえ弱っているバリア機能がさらに低下し、本来ならトラブルを起こさないような刺激に対しても、肌荒れが起きやすくなってしまうというわけです。

 

花粉症による肌荒れには、マスクを着用することによって口や鼻の周辺の通気性が悪くなり、毛穴が詰まってニキビができやすくなってしまったりすることもありますし、マスクが皮膚をこすってしまうことによって赤く炎症を起こしてしまうなどの肌トラブルがあります。

 

マスクを着用することによって肌荒れやニキビがひどくなってしまう場合には、マスクを着用する時間をできるだけ最小限に抑えたり、通気性が良いタイプのマスクを着用するなどの工夫をするとよいでしょう。また、マスクだけに頼らずに、花粉症の症状を抑える薬を処方してもらうのも悪くありません。花粉症は季節的な疾患ですから、薬を服用しても体が慣れてしまうことはあまりないようです。眠くなったりして困る場合には、医師に相談しながら、自分のライフスタイルにあった花粉症ケア対策を考えるようにしてくださいね。

 

花粉症によって、肌がポリポリとかゆくなったりすることもあります。かゆければどうしても掻いてしまいますよね。そのため、花粉症の時期には、マスクとは関係ない肌の部分も肌荒れが起きやすくなってしまうようです。これもバリア機能の低下が原因となっています。花粉というアレルギー物質が肌につくことでこうした肌荒れの症状が起きてしまうので、できるだけ肌を露出しないような工夫をするとよいでしょう。また、バリア機能を回復するために十分な睡眠時間を確保することも、花粉症による肌荒れ予防につながります。