妊娠中には女性ホルモンが大量に分泌されるため、普段は肌荒れで悩んでいる人でも肌荒れを気にせずに済むほど、多くの人が美肌を経験することができます。しかし、出産を終えて産後に入ると、ホルモンバランスが崩れてしまうため、普段は肌荒れが起きない人でも、肌荒れで悩んでしまう場合があります。

 

産後の肌荒れにはいろいろなタイプがありますが、肌が乾燥してかゆくなり、それを掻いてしまうことによって赤く炎症を起こしてしまったり、ニキビや吹き出物がたくさんできてしまうなど、不快感を伴う肌荒れが多いようです。これらはすべて、産後のホルモンバランスの崩れが原因で起きていることが多いようですね。

 

産後には誰でもホルモンバランスが正常な状態に戻ろうとして、一時的にバランスを崩してしまうことがあります。しかし、特に治療をしなくても少しずつ自然な状態に戻っていくことが多いので、しばらくは育児をしながらおおらかな気持ちで様子を観察するようにしましょう。赤ちゃんがお座りをしたり離乳食が始まる頃にも肌荒れが回復する気配がない場合には、皮膚科や産婦人科を受診して、肌荒れをケアする処方箋を出してもらうとよいでしょう。

 

ホルモンが原因ではない産後の肌荒れもあります。産後は慣れない育児で誰でも憔悴しきっている状態がしばらく続くものですが、育児が大変すぎて、自分のスキンケアまで手が回らないことも少なくありません。睡眠不足でスキンケアに気を使う時間も気力もない場合には、化粧水と乳液が一つになっているオールインワンタイプのスキンケアを使うことがおすすめです。疲れているからといって入浴後や洗顔後に何もしないのは、あとから後悔してしまうので、オールインワンタイプなどを使って時間短縮をしながらも、最低限のスキンケアをしてあげれば、肌荒れを予防することができそうですね。

 

また、出産をきっかけにして、以前とは体質も肌質も変わってしまうという場合もあります。急にオイリー肌になってしまったり、急に乾燥肌になってしまったりすると、どうしてもスキンケアが正しく行えずに肌荒れが起きてしまうこともあるようです。その日の肌の状態に合わせてスキンケアをすれば、こうした肌荒れも少しずつケアできるのではないでしょうか。