妊娠初期には、それまでのホルモンバランスが大きく崩れてしまいます。普段は肌トラブルを起こさない人でも生理前になると肌荒れなどが起きやすくなるのと同じように、妊娠初期には普段は美肌をキープできている人でも肌荒れが起きやすくなってしまうものです。しかし、これはホルモンバランスが妊娠のために変化していることが原因なので、肌荒れによってストレスをため込むのではなく、そのうち自然に肌荒れも治るさ、ぐらいの大きな気持ちで構えていたほうが良いようです。

 

妊娠初期のホルモンバランスが原因で起きている肌荒れは、妊娠中期に入って妊娠安定期になると、自然と収まることが多いようです。しかし、妊娠初期につわりなどでつらい思いをしたりすると、自分のスキンケアまで気力が回らずに、日焼け止めを塗らずに紫外線をそのまま浴びてしまったり、スキンケアを怠ってしまって乾燥肌になってしまうなどの肌トラブルもあるかもしれないので気を付けましょう。

 

妊娠初期の肌荒れには個人差があります。ほとんど肌が荒れない人もいれば、驚くほど肌荒れがひどく、どうしたらよいのかわからずにストレスになってしまう人まで、様々です。この時期には胎児が形成される大切な時期なので、自己判断でサプリメントや薬を飲むのは避けたほうが良いでしょう。肌荒れがかなりひどい場合には、かかりつけの産婦人科でアドバイスをもらうようにしてくださいね。

 

妊娠初期の肌荒れを自分自身で解消するためには、食生活と睡眠時間を工夫するのが理想的です。新陳代謝を促進する効果があるビタミンEや、肌の代謝を促進してくれるビタミンBなどは、その中でも特におすすめの栄養素。これらの栄養素をたっぷりと豊富に含んでいる食品を積極的に食べるとよいでしょう。たとえば、緑黄色野菜の中でもピーマン、キャベツ、ブロッコリー、かぼちゃ、コーンなどはおすすめですし、納豆やみそなどの豆製品、赤みの肉や魚などもおすすめですよ。