汗を大量にかく夏には、汗や皮脂によって毛穴がつまり、ニキビなどの肌トラブルで悩む人が増えますが、汗をほとんどかかない冬でも、実は肌荒れで悩む人が少なくありません。冬の肌荒れは、実は肌の乾燥が引き起こしていることがとても多いため、肌の保湿ケアを心がけることで、冬の肌荒れを予防することもできます。

 

もともと私たちの皮膚は常に発汗していて、汗によって肌の表面がおおわれています。しかし、汗をかかない寒い冬には、どうしても発汗機能も低下してしまいます。あまり汗をかかないのに、熱いシャワーや熱い湯船などで体が必要な皮脂もすべて取り除いてしまったのでは、どうしても肌は乾燥してしまいますよね。

 

肌が乾燥すると、皮膚は外部からの刺激から肌を守るために皮脂分泌が過剰になります。そうすると、肌が乾燥していながらも毛穴がつまり、ニキビなどの肌トラブルを起こしやすい状態になってしまいます。ここで注意しなければいけないのは、ニキビ=オイリー肌だと思い込み、肌が乾燥しているのにオイリー肌用のスキンケアアイテムなどを使ってしまう人が多いという点です。乾燥肌にオイリー肌用スキンケアアイテムを使うと、肌はますます乾燥し、肌トラブルも悪化してしまいます。冬になると肌が荒れるという場合には、まずは保湿ケアをしてみてください。保湿することによって肌が健康な状態を取り戻し、肌荒れなどのトラブルも肌自身が持つ治癒力でケアできるかもしれませんよ。

 

また、寒い季節には外気も乾燥しますし、家の中でも暖房をガンガンつけることによって、部屋の中の湿度もカラカラになってしまいます。暖を取るための暖房でも、湿度が下がると肌はますます乾燥してしまいます。寒い季節に暖房をつけないというのは無理なので、室内ではできるだけ加湿器などを使って湿度をできるだけ高くキープするようにしましょう。

 

もともと肌が乾燥しているアトピーの人などは、冬によって症状が悪化してしまうことも少なくありません。体内からも体外からもできるだけ保湿ケアをして、肌の乾燥を予防し、肌荒れをケアしてくださいね。